サッカー・イラク戦からパンケーキまで

朝晩は涼しくなってきましたがまだまだ日中は暑い日が続きますねー
今日の京都の最高気温33度ですよ!


早く長袖が着たーい!デニムが履きたーい!
と毎日思っているたかだです。


話は変わって、こないだサッカーのW杯最終予選が行われていて相手はあの因縁のイラクだったのですが、
なんとか1-0で勝利を収め、同組のライバル、オーストラリアがなんと敗れたため
我らが日本代表は首位独走で見事、前半戦を折り返すことができました!


で・す・が!!
何があるのかわからないのが最終予選!
しかも残りの試合はほぼアウェー・・・ホームでは良い結果を残せましたが、
相手も絶対に負けられない戦いが続きます!これは一試合たりとも気が抜けませんよ!


そしてイラクをなぜ因縁の相手と言ったかといいますと・・・
今ではワールドカップに出場することは当たり前な風潮にありますが、
ぼくらが小学生・幼稚園の頃はたまたその前まではワールドカップに出るなんて夢のまた夢のお話でした。


その後、今26歳のぼくが小学6年生の時に98年フランスW杯で念願のワールドカップ初出場を果たすわけですが、
前回大会の94年アメリカW杯の時にも出場まであと一歩という状況だったのです。
そう、その時おこったのが・・・ドーハの悲劇


残すは最終節、勝てば出場が決まるという試合。残り時間はロスタイムというところで日本はリード。
誰もがあとは歓喜の瞬間を迎えるだけというまさにその時!
コーナーキックから痛恨の失点・・・
KINGカズやラモス率いる日本代表はワールドカップ出場を逃しました。


ぼくは、日本のゴールに吸い込まれていくボールをただ見送る、キーパーの松永の姿が
今でもスローモーションで思い出してしまいます。
その後、後日談でJリーグの京都パープルサンガの試合を見に行ったときに
当時サンガに在籍していた松永選手と握手させてもらえる機会があったのですが
ドーハの悲劇のピッチに立っていた選手の、その右手の大きさ、力強さも忘れられない思い出です。


そして松永の跡を継いだ、98年フランスW杯の時のゴールキーパー川口能活に憧れてぼくもキーパーを目指したように
今サッカーを見ている子供たちもきっと最終予選に夢を見ているはずです。
近年では女子も男子オリンピック代表もヤングなでしこも素晴らしい結果を出してくれました。


その中心となっているのは子供の時にドーハの悲劇、ワールドカップ初出場をテレビで見て経験してきた選手ばかりだと思います。
これからも子供たちに夢を与える素晴らしい戦いを期待したいですね。
(ちなみにぼくは中学に入ってすぐ身長が伸びずキーパーは断念しました・・・)
b0243918_13451748.jpg

おっと、ついつい熱くなりすぎてしまいましたが遠藤保仁(ヤット)本題!!
(サッカーに興味ない方はここまでスクロールすることをオススメします)


先日のブログでもチラッと言ってましたが、こないだの休みを利用して花遊小路のかんちゃんと一緒に
寺町にあるSHIN-SETSUというコーヒー&パンケーキカフェに行ってきましたー!


かんちゃんはランチを、ぼくはもちろんパンケーキを注文。(アイスのトッピングもしました)
店内も随所にコーラグッズが飾られていたり、テレビにトムとジェリーの映像が流れていたりかわいい感じのお店でした。
(来ていたお客さんのほとんどがパンケーキを注文されていました!)


そしてついに登場!
b0243918_13583720.jpg

見るからにふっくらしたパンケーキにぽってりと丸いアイスクリームが乗っています。
鉄板で出てくるのがまたいいですね!


メープルシロップを上からかけるとまだ鉄板が熱く、ジュワーっという音がたまりません!
器が鉄板なので最後まであたたかく食べることが出来ました。


新京極・寺町通りに名物をということで開発されたパンケーキだそうですが、
これは語り継がれていくこと間違いないですねー
地域のみんなに愛されるパンケーキ・・・
サラサ押小路もそうなれるようにがんばっていきたいです!


たかだ
[PR]
by sarasa_osk | 2012-09-13 11:39 | スタッフBLOG

Cafe SARARASA 押小路

コーヒー&パンケーキ
SARASA 押小路の
オフィシャルBLOG





フォロー中のブログ

サラサ3
さらさ花遊小路のご紹介
さらさ西陣へようこそ
さらさ御供焼菓子工房
CLAMP COFFEE...

その他のジャンル

画像一覧